記録の付け方

 

 

1.

記録の付け方と報告の仕方

(1)

ご自分が泳いだり水中ウォークをした距離を記録ファイルまたは記録用紙に記録します。

(2)

ご自分のコースの記録ファイルまたは記録用紙を右クリックし、保存先を選んでダウンロードしてください。

(3)

ダウンロードしたファイルまたは用紙に、開始した月から泳いだ距離を記入していきます。

(4)

それまでにご自分で用紙などに距離を記入していた方は、記録ファイルに記入する場合、1のシートの一番上にある初期情報の行の累積距離のセルにそれまでに達成した距離を記入します。これが初期設定になりますので必ず行ってください。

 

距離は必ずkm単位で入力してください。例えば、1275mなら1.275というようにです。m単位で入力されますと、正確な距離が計算されなくなりますのでご注意ください。ファイル上は小数点以下第1位までしか距離は表示されませんが、それ以下の値も累計に含まれるようになっていますのでご安心ください。

 

(5)

記入にあたっては、記録ファイル内の記入例のページを参照してください。

(6)

原則として、毎月の10日までに前月に泳いだ距離を事務局にEメール、FAX、または電話で報告してください。ただし、数か月分まとめて報告してもかまいません。

(7)

ゴールに達した方には、事務局が賞状と賞品を差し上げます。

 

2.

記録ファイル・記録用紙

 

 

ファイル

用紙

(1)

鎌倉史跡めぐりコース

Kamakura

Kamakura

(2)

箱根駅伝コース

Hakone

Hakone

(3)

東海道五十三次コース

Tokaido

Tokaido

(4)

四国八十八ヶ所巡礼コース

Shikoku

Shikoku

(5)

日本縦断鉄道の旅コース

Nihon

Nihon

(6)

日本列島北上の旅コース

Nihon-gyaku

Nihon-gyaku

(7)

上越新幹線の旅(東京-新潟)コース

Joetsu

Joetsu

(8)

中山道の旅コース

Nakasendo

Nakasendo

(9)

愛知県横断プール巡りの旅コース

Aichi

Aichi

 

3.

備考

(1)

どこのプール、海、湖、川で泳いだ距離でも加算して下さい。

(2)

スイミングスクール、個人練習、試合のすべての泳いだ距離を記入してください。

(3)

水中運動、水中ウォーク、壁キック、および立ち泳ぎは、一般的な消費カロリーに基づき、実施した時間を次のように泳いだ(歩いた)距離に換算します。

・水中運動      20m/

・水中ウォーク 30m/

・壁キック       40m/

・立ち泳ぎ      60m/

(4)

各コースは独立しており、選択したコースを達成後、別コースに挑戦する時は以前の距離は加算できません。

(5)

同コースに再挑戦することは自由です。

(6)

スタート日はご自分が開始した日とします。

(7)

スタート後のコースの変更については、次の場合に可能です。

・短いコースから長いコースへの変更である。

変更時に短い方のコースをゴールしているときは、賞状のみ贈呈し、賞品は変更後のコースのゴール時の贈呈となります。

*コース変更は、最初のコース(起点から始めたコース)に対して1回のみ認められます。